塾を開業するなら知っておきたい! 2020年文科省の英語教育改革で塾の英語教育はどう変わる?


文責:

  • はてブ

  • あとで

はじめに

東京オリンピック・パラリンピックの開催される2020年に向けて、文部科学省が小学校から高等学校までの包括的な英語教育改革を進めているのは既にご存知でしょうか?今回の改革のキーワードはずばり「英語のコミュニケーション能力の育成」です。これから塾を開業するなら知っておきたいこれからの英語教育について簡単にご紹介します。

1. 2020年文科省の英語教育改革のポイントとは?

今回の英語教育改革のポイントは「英語コミュニケーション能力の育成」です。これまでの日本の英語教育では、「英文法や英単語をどれだけ知っているか?」ということが重要でした。しかし、グローバル社会の中での日本人の英語コミュニケーション能力の低さが課題となるなか、これからはコミュニケーション能力の育成を重視した英語授業を学校で行うべきとの指摘があります。

小学校では、現在5、6年生で週1回の英語授業が必修となっていますが、その中身は歌やゲームなどのお遊び程度のもの。徐々に大人になりつつある小学校高学年の生徒にとっては内容が物足りなかったり、体系的な授業が一切ないので中学英語とのギャップが大きいという点が課題です。今回の教育改革では、「小学校英語の教科化」がポイントになっています。つまり、英語に馴れ親しむだけではなく、小学校のうちから「読む」「書く」の学習も取り入れていきましょうということなのです。

中・高等学校では「読む」「書く」「話す」「聞く」の4技能を重視していくという点がポイントになります。現時点での大学入試では、4技能全てを測定する試験は行われていないことがほとんどです。これからはスピーキング力も含めた試験が行われていくようになる見通しです。また、TOEFLやIELTSなどの4技能を測定する外部の英語試験を大学入試に導入するという動きも見られています。今回、中学校英語の授業がオールイングリッシュになるということも話題を呼んでいます。

2. 公立学校の英語教育だけでは足りない理由

それでは、なぜ公立学校の英語教育だけでは足りないのでしょうか?その理由の一つが、公立学校の先生の英語力です。文部科学省が公立学校の英語教師に求める英語力は、英検準1級、TOEIC730点以上とされていますが、現状の中学校教師では28%、高等学校で53%しかこの基準を満たしていません。これでは、子供達の英語コミュニケーション能力を伸ばすのに適切な環境が整っていると言えません。また、公立の小学校では、各学校ごとにネイティブ講師の数などが異なり、英語教育のレベルにばらつきがあるのです。子供達の親としては、このような状況から「公立学校だけに英語を任せていられない」ということで、小さいうちから英会話学校に通わせたり、塾でより高い英語教育を受けさせたいという需要が高まっているのです。

3. 大手塾も着々と準備を始めている

大手進学塾も着々と英語教育の改革を進めています。「コミュニケーション能力」「4技能」というキーワードをセールスポイントとして売り出す大手塾や、英会話学校と事業提携する塾も出てきています。

大手塾A社では、ネイティブ教師の小学校英語の授業をスタートしています。これから変わってゆく英語教育を保護者に啓蒙し、いち早く対応するプログラムを導入しているのです。
大手塾B社でも、従来の受験に特化した進学塾から、人気の英語教材を使って小さな子供のうちから英語を学べる新しい事業を展開しています。

とは言っても、まだまだ4技能(特にスピーキング指導)を網羅するような進学塾は少なく、これからますます増えていくと予想されます。

4. これから注目される英語の資格

すでに述べた通り、これからの大学入試では「読む」「書く」「話す」「書く」の4技能を測る試験になっていく方向で変わっていきます。さらに、国内外で広く受け入れられている英語の資格試験を大学入試の選考に積極的に活用されるようになってきています。ここでは、これから注目度の高い英語の資格試験を見ていきましょう。

(1) 英検

日本英語検定協会が実施する英語の資格試験。英検5級から1級まで全部で7段階あり、小学生から社会人まで幅広い年齢層の人に広く受け入れられている。話題は日常会話からビジネスや学術的なものまで幅広い。文法問題と読解問題はマーク式。3級以上の級のテストは面接でスピーキング力も審査される。2級以上の級ではライティングも課される。合格・不合格で判定される。

(2) TOEFL

ETSが実施する英語コミュニケーション能力を測るテスト。国際的にも広く通用する試験。海外の大学に留学をするときに受験する。所要時間は4時間から4.5時間で4技能を測定する。1人1台のコンピュータが受験者に貸し出され、コンピュータに回答を入力していく。合格・不合格ではなく、スコアで評価される。

(3) TOEIC

ETSが実施する英語コミュニケーション能力を評価する試験。リーディングパートとリスニングパートがあり、マーク式の試験。合格・不合格ではなく、スコアで評価される。

(4) IELTS

英検と同じ日本英語検定協会の実施する英語の資格試験。海外留学や移住をする人向けに開発された試験。海外でも通用する資格。留学目的で受ける人と、移住を目的に受ける人用に2種類のテストがある。所要時間2時間45分の長丁場の試験で4技能を全て一気に受験する。合格・不合格ではなく1.0から9.0までのスコアで判定される。一般的に大学では6.0以上のスコアが必要とされることが多い。

(5) GTEC

ベネッセが実施する4技能を測定できるオンラインテスト。試験時間は80分、結果は最大10日で閲覧できるという特徴がある。合格・不合格ではなくスコアで結果が出る。

(6) TEAP

英検やIELTSと同じ日本英語協会が実施する英語の試験。高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発されたテスト。内容は大学教育で遭遇する場面を想定している。4技能を測定する。合格・不合格ではなくスコアで結果が出る。

まとめ

これからは小学校低学年からの英語授業の需要が高まり、スピーキング指導や各種資格試験対策ができる塾が求められていきます。これからますます注目を集める日本の英語教育改革に目を離せません。

【参考ウェブサイト】

文部科学省:http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/102/houkoku/attach/1352464.htm
英検:http://www.eiken.or.jp/eiken/sp/
ETS:https://www.ets.org
GTEC:http://www.benesse.co.jp/gtec/

筆 者

Sayaka

個人塾を営む両親の元で生まれ育ち、幼い頃から受験や塾業界を間近に見て育つ。大学在学中は、塾や家庭教師として中高生を多数指導。大学卒業後は大手塾に就職し、東大・早稲田・慶応などの難関校を目指す高校生向けに英語の集団授業を担当。その後、大手英会話学校へ転職し、700名規模の大規模校の責任者として学校経営のノウハウを学ぶ。現在は自身でオンライン英会話スクールを立ち上げ、教師とマネジメントの両方に携わる。

カテゴリー:

学習塾で独立を考えるなら
“個別指導Wam”のセミナーに参加して
独立開業について学ぼう

詳しくはこちら

セミナーに参加して分かること

  • 塾業界の将来性や話題が分かる
  • 業界のリアルを実感できる
  • 具体的な費用や収益が分かる

個別指導Wamは株式会社エイチ・エム・グループが運営する完全個別カリキュラムの学習塾・進学塾です。FC・フランチャイズ加盟店募集中